焦る必要はない 夢は小さなことから見つけられる

Tag Archives: 生活

夢に対する考え方の違い

「夢がない」時代の進みにつれ、そう嘆く若者がますます増えているように思います。これは、若者に限った話ではないのかもしれません。中年世代の方々の中にも日々仕事のみに打ち込み、夢や希望といった輝きをもたない無味乾燥な生活を送っている方もいることでしょう。
そして、彼らは呟くのです、「夢がない」と。つまり、彼らはおしなべて夢を求めているのです。なぜでしょうか。それは、彼らが夢に対して高尚すぎる光を求めすぎているからなのです。「夢は輝かしく、人生すべてを費やして手に入れようとするだけの価値があるもの」と思っているのです。今、己が置かれている環境を卑下し、それを輝かせるために、夢という抽象的でありながら世間から「立派なもの」との認識を得ている夢を求めるのです。しかし、その思いのまま夢を見つけられることはほぼないと言っていいでしょう。なぜかわかりますか?元来、夢とはさほど高尚なものではないのです。こう言うと誤解を招くかもしれませんが、人間誰しも、たとえそれが幼稚園児であろうとご老人であろうと、誰しもが持ちうるもの、それが夢なのです。とどのつまり、「夢がない」というのは実は「夢を超えたもっと素晴らしきもの」を求めているのです。「お金がほしい」、「女優と結婚したい」などという夢でも夢は夢、別に何ら問題はないのです。しかし、夢を求める者たちはそれを夢と認めないことでしょう。ただ、それは夢にたいする認識の相違がゆえのすれ違いなのです。
嘆く前に一度夢に対する肩の力を抜き、夢に対し軽く構えることで見えてくる夢もあることでしょうし、また、夢以外の何か輝くものなんかも日々の中に見つけらることでしょう。